EN
すべてのカテゴリ
EN

CKCK-MBLDHαHBDH心筋酵素ラピッド試薬キット

操作が簡単、全自動

専門的な操作/校正は必要ありません

概要

[メール保護] 心筋酵素試薬キット(CK、CK-MB、LDH、α-HBDH)は、クレアチンキナーゼ(CK)、クレアチンキナーゼ-MB(CKMB)、乳酸デヒドロゲナーゼ(LDH)、およびα-ヒドロキシ酪酸デヒドロゲナーゼの活性を定量的に測定することを目的としています。 (α-HBDH)ヒト血清中。 臨床的には、主にウイルス性心筋炎や心筋梗塞の診断に使用されます。


使用目的

クレアチンキナーゼ(CK)は主に骨格筋と心筋に見られ、脳組織にも存在します。 CKは、急性心筋梗塞後2〜4時間以内により活性化され、正常レベルの上限の10〜20倍に上昇する可能性があります。 クレアチンキナーゼの上昇– MB(CKMB)は、急性心筋梗塞の診断と心筋壊死の有無の確認に役立つ、広く認識されている重要な指標です。 乳酸デヒドロゲナーゼ(LDH)は解糖系の重要な酵素であり、乳酸デヒドロゲナーゼとピルビン酸の相互変換を触媒します。 LDHの増加は通常、心筋、肝炎、溶血、腫瘍などの多くの疾患で見られます。α-ヒドロキシ酪酸デヒドロゲナーゼ(α-HBDH)は心筋酵素のXNUMXつであり、哺乳類に広く存在し、主に心筋細胞に分布しています。白血球、腎臓など。α-HBDHの増加は通常、急性心筋梗塞、筋肉損傷、急性肝炎、白血病、癌などの疾患で見られます。


製品の特徴

速度法を使用した液相反応システムは、正確な結果をもたらします

14分で利用可能な結果

プレフィルド&シングルユースカートリッジ

操作が簡単、全自動、専門的な操作/校正は不要



製品仕様

テスト項目

CK / CK-MB / LDH /α-HBDH

検体

血清血

反応時間

14分

測定レンジ

CK:25〜1000 U / L

CK-MB:10〜600 U / L

LDH:25〜1000 U / L

α-HBDH:25〜1000 U / L

資格

CE



連絡先